本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 社会福祉士の1日のスケジュール

社会福祉士の1日のスケジュール


社会福祉士 1日 スケジュール社会福祉士の1日のスケジュールは仕事先によって大きく異なります。

病院や行政機関の社会福祉士は会社のデスクでクライアントの問題に対応したり、電話やメール等で他の医療機関等との連携業務を行います。

一方、障害者の作業者や老人ホームのような介護業務が仕事として含まれている所では事務作業も行いますが、食事や入浴の介助などの業務も行います。社会福祉士の業務は非常に幅が広いです。

社会福祉士として勤務したいと考えた時は安易に職場を決めるのではなく、自身が興味のある分野や将来の事等をしっかりと把握してから決めた方が良いです。


同じ社会福祉士といっても従事する場所で業務の内容や1日のスケジュールは違います。

ミスマッチが生じてしまうと1日のスケジュールをスムーズにこなせないという問題や仕事が原因で心身の不調に陥る危険性があります。

どの職場で勤務する事になってもスケジュール通りに1日は流れないです。

突発的な出来事が発生し、対応に追われ、次の業務のスタートが大幅に遅れるというケースは多いです。


介護
臨機応変に対応する事があまり得意でない人は相当の努力をしなければならないです。

勤務時間外に様々な対応をしなければならない所が少なくないです。

どこの職場でも社会福祉士が従事する仕事のマニュアルや1日のスケジュールはあります。

しかし、マニュアルやスケジュール通りに動く事は困難です。

そのスケジュールは時期によって異なるので法人にあるマニュアルやスケジュールを鵜呑みにしない方が良いです。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる