本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ福祉の資格一覧 > ケアマネージャー

ケアマネージャーと社会福祉士


介護や福祉の仕事という共通点があるケアマネージャーと社会福祉士。資格の内容も取り方も全く違いますが、同じ福祉系の仕事ということもあって、ケアマネージャーから社会福祉士を目指す人は少なくありません。

実務経験があるというメリットもあるので、機会があれば目指してみるのもよいでしょう。 逆に社会福祉士からケアマネージャーを目指す人もいます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格取得に役立つ3つのポイント


ケアマネージャーと社会福祉士の違い

ケアマネージャーと社会福祉士は、どちらも福祉関連の専門資格ということで混同されることが多いのですが、この資格は全く違ったものであり、行う業務も資格の取得方法も全く違います。

ケアマネージャーは、いわゆる介護のプロであり、主にお年寄りの介護について立案、運用を行います。

医師や看護師、保険士など医療や福祉の法定資格を持ち、その仕事に従事した経験が5年以上、または、福祉施設での相談援助業務の実務経験が5年以上、もしくは要介護者の介護や介護者への介護指導の実務経験10年以上で受験資格が得られます。

国家資格ではなく、試験を実施するのは都道府県知事で、合格者は実務研修を受けてから資格取得ということになります。

一方、社会福祉士は介護のこともやりますが、児童福祉、障害者福祉などにも対応しています。

ケアマネージャーと社会福祉士の違いの詳細はコチラ



ケアマネージャー経験を活かして

高齢化や介護保険のスタートによって注目度が高まったケアマネージャーですが、資格取得者は年々増えていることから、現在では資格を取っただけでは就職は難しい場合もあります。

介護福祉士と混同されることもありますが、国家資格である社会福祉士は、高齢者介護はもちろん、障害者福祉、児童福祉など、幅広い福祉にかかわることができる資格です。

難易度が高いうえに、受験資格として必要な実務経験も細かく規定されているため、誰もが受験できるものではありません。

ただし、ケアマネージャーは社会福祉士受験のための実務経験に含まれるため、ケアマネージャーの経験を生かして社会福祉士を目指すという方法もあります。


ケアマネージャーから社会福祉士になるには

実務経験にはなりますが、ケアマネージャーの資格だけで社会福祉士の受験ができるわけではなく、一般養成施設などで専門的な勉強を行わなければなりません。

さらに国家試験に合格してようやく取得できる資格ですから、難易度は社会福祉士のほうが格段に高いといえるでしょう。簡単に取れる資格ではありませんが、仕事の幅が大きく広がるため、チャレンジする人は多いです。

現在介護の仕事をしているのであれば、職場も社会福祉士の受験をサポートしてくれる場合もありますし、一般養成施設は通信教育などでも可能ですが、スクーリングもあることを考えると職場の理解は必要でしょう。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる