本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 社会福祉士をめざした動機

社会福祉士をめざした動機(口コミ・体験談)


社会福祉士 なりたい きっかけ 動機私が社会福祉士になりたいと思った体験談です。

大学を出てから会社で働いていました。その時の私に動機と呼べる物はなかった気がします。

ある時大学の1つ上の女性の先輩が原付で事故を起こしたと聞きました。隣りの県にいた上しばらく会ってもいなかったため、見舞いに行くのにしばらく時間があいてしまいました。


その間、私は絵を描くのが好きな先輩のために、何か絵の道具でも持って行こうと考えていたのですが、実際に見舞いに行くと状況は私の想像を超えていました。

先輩は人工呼吸器を付けて、手術のためか髪の毛も坊主頭にされて、絵を描けるような状況ではありませんでした。

そして、私が1番ショックだったのは、病院の看護師さん達から先輩が○○ちゃんと幼稚園児のような扱いを受けていた事でした。人間は1つの事故で取り返しのつかないような事になるのが信じられませんでしたが、もう少し良い環境はないのかと、その時感じたのでした。

今思い返すと、これが動機になったように感じます。

その後、会社を辞めて他の仕事に就きたいと思っていたところ、社会福祉士という国家資格は弱い人の権利を守る性質があって、なおかつ大学卒業者が1年で取ることができる資格だと知りました。

私はこれだと思い、当時日本に4カ所しかなかった専門学校の1つが、私の住んでいる県にある事を知って、入学を申し出たのでした。

介護 学校 面接けれど当時の校長先生は、面接で私ともう1人似たような年齢の人に、来年もう1度来るならば入学を認めるという条件を出して来ました。

私は結局、介護福祉士の学校に行きましたが、卒業後、どうせなら社会福祉士の資格も取ってみろという親の言葉で、もう1度社会福祉士の学校へ行く事になりました。

こうして私は社会福祉士になりました。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる