本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士(ソーシャルワーカー) > 社会福祉士の受験資格

社会福祉士の受験資格


社会福祉士の受験試験についてご説明します。


社会福祉士の受験資格

次のうちいずれかに該当すれば受験できます。

 大学等で「指定科目」を履修した方

・福祉系の4年制大学で指定科目を履修し、卒業(見込みを含む)した方

・福祉系の短期大学、専修学校で指定科目を履修、卒業し、指定施設で2年以上の実務経験(見込みを含む)を積んだ方(3年制の短期大学の場合、実務経験は1年以上で可)

 社会福祉士「一般養成施設・短期養成施設」を卒業した方

・一般の4年生大学を卒業後、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方

・一般の短期大学を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方(3年制の短期大学の場合、実務経験は1年以上で可)

・指定施設で4年以上の実務経験を積み、一般養成施設を卒業(見込みを含む)した方

・福祉系の大学・短大・専修学校で基礎科目を履修し、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方 ただし短大・専修学校卒業生は指定施設で一定の年限実務経験が必要

・社会福祉主事養成機関を卒業後、指定施設で2年以上実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方

・児童福祉司や身体障害者福祉司として4年以上実務経験を積み、短期養成施設を卒業(見込みを含む)した方

学歴・実務経験に細かい規定があります。
詳細な受験資格などについては、ご自分で公益財団法人社会福祉振興・試験センター にご確認くださいませ。

精神保健福祉士の資格をお持ちの方は、受験申込時の申請により精神保健福祉士国家試験との共通科目が免除されます。

学歴別・社会福祉士の受験資格の取得方法 




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる