本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ福祉の資格一覧 > 介護福祉士

介護福祉士とは


高齢化に伴って介護ニーズが高まっています。介護の求人も多く出ており、介護に関連する資格には介護福祉士という国家資格があります。


介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の主な仕事は、高齢者や身体、精神に障害のある方に対して食事、入浴、排せつなどの介護を行う仕事のことです

。介護を必要とする方に対してだけでなく、その家族に対しても介護のやり方について相談に乗ったり、アドバイスを行いま介護全般に関するサポートを行うのが介護福祉士の仕事になります。



介護福祉士の主な4つの仕事

介護福祉士の仕事は主に4つあります。一つは身体介護の仕事です。

食事や排せつ、衣服の着脱、入浴といった日常的に必要な衛生管理を手伝います。さらにはベッドから車いすへの移動などの乗り降りや歩行の補助なども行います。

日常生活で困難になってくる動作は人それぞれ違いますので、一人一人に異なる接し方が求められますし、またできることはできるだけ自分でやらせるようにして介護を必要とする方の自立を促すことも重要になります。

家事援助も介護福祉士の主な仕事になります。食事(調理や配膳、下げ膳)、洗濯、掃除といった日常生活に必要な家事を援助します。

中には在宅で介護を受けている方も多くいらっしゃいますので、家事援助は在宅介護者にとって必要な支援の一つになります。

掃除や調理方法など、家事のやり方にはそれぞれの家庭で習慣や決まりがありますので、それにしたがって援助を行っていくことが満足度の高い介護サービスにつながります。

相談や助言も重要な仕事の一つです。介護を受ける方だけでなく、その家族に対しても介護のやり方や生活方法に関するアドバイスを提供します。適切なアドバイスを提供するためにも専門的な介護の知識が必要になります。

社会活動を支援するのも介護福祉士の仕事の一環になります。介護を受けている方は周りと孤立しがちですので、家族や近所の人たちと良好な関係が築けるように支援していくのです。


介護福祉士のお給料

ニーズが高い介護福祉士の仕事ですが、お給料などの待遇面では決して恵まれているとは言えません。夜勤手当がついても年収で250〜400万円と他の業種と比べると決して高くはないのです。

夜勤や土日祝日の勤務をこなす、肉体的にも精神的にもハードな仕事である割にお給料が少ないと離職される方も少なくありません。

介護離職や介護につく人を増やすために、介護従事者の給料を上げることが検討されていますので、今後待遇が改善される可能性も期待できます。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる