本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士(ソーシャルワーカー) > 社会福祉士とは

社会福祉士(ソーシャルワーカー)とは


社会福祉士(ソーシャルワーカー)とは

社会福祉士とは

社会福祉士(ソーシャルワーカー)の職場は、児童相談所や福祉施設などです。

心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じます。
各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら、一緒に問題を解決。さまざまな福祉サービスの中から、利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しいお仕事です。

自治体の機関や自治体が直営する施設で働く場合は、地方公務員です。やりがいがあって、安定した収入を得られるので、人気の国家資格です。


社会福祉士の名称

社会福祉士とは

【社会福祉士】は法律上の名称です。資格の名称がそのまま職種の名称になるとは限りません。

例えば、福祉事務所では、”ケースワーカー”と呼ばれています。また、社会福祉施設では、”生活相談員”、社会福祉協議会では”、”福祉活動専門員”、医療機関では、”医療ソーシャルワーカー(MSW)”

このように、働く職場によって、呼び名は違ってきます。



社会福祉士(ソーシャルワーカー)の職場

  • 老人保健施設
  • 老人福祉施設
  • 保健所
  • 病院
  • 障害福祉施設
  • 障害児関連施設
  • 児童相談所
  • 市役所・役場
  • 母子生活支援施設
  • 地域包括支援センター
  • 社会福祉協議会

社会福祉士の就職先と体験談 


社会福祉士(ソーシャルワーカー)の年収


平均給与 35万8906円/月 
社会福祉士の給料・詳細

*地方公務員の場合。福祉職の給与月額合計  
*総務省「平成24年地方公務員給与実態調査」より




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる