本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ > 社会福祉士の就職先

社会福祉士の就職先


難関国家試験に合格して社会福祉士の資格を取得できたとしたら、どのような就職先があるのでしょうか?具体的な体験談(口コミ)をご紹介します。


総合病院

医療ソーシャルワーカー

高校生のとき将来は、看護師か福祉関係の仕事につきたいと思っていました。 悩んだ結果、看護学校ではなく、福祉系の大学に進学。 社会福祉士の資格をいかして、総合病院で医療ソーシャルワーカーとして忙し日々を過ごしています。

 医療ソーシャルワーカーとして働く社会福祉士(体験談)


特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

老人ホームで介護

福祉系の専門学校卒業。特別養護老人ホームに入社1年目の新人です。 社会福祉士と精神保健福祉士の資格をもっていますが、今は介護の仕事をしています。

 特別養護老人ホームで働く社会福祉士(体験談) 


公務員

公務員の男性

市役所の福祉課で働いています。 

 公務員として働く社会福祉士(体験談) 


地域包括支援センター

マネジメントを行う女性

各区市町村に設置される地域包括支援センターで社会福祉士として勤務しています。地域包括支援センターとは、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に 行う機関のことです。

 地域包括支援センターで働く社会福祉士(体験談) 


社会福祉協議会

困っている高齢者社会福祉協議会では、高齢者や障がい者の福祉に関わることだけではなく、子育て支援やボランティアのサポート・福祉教育など幅広い業務をおこなっています。

 社会福祉協議会で働く社会福祉士(体験談) 


在宅介護支援センター

老人介護

在宅介護支援センターは、在宅で、寝たきりや認知症の方、一人暮らしで生活に不安のある高齢者やそのご家族のための総合相談窓口です。  

 在宅介護支援センターで働く社会福祉士(体験談)


子供家庭相談支援員

子供

子供家庭相談支援員として、センターを訪れる子どもたちや保護者への支援をおこなっています。社会福祉士の資格の他、心理相談員、児童指導員ももっています。プライベートでは、2児の母です。  

 子供家庭相談支援員として働く社会福祉士(体験談) 


児童自立支援施設

児童

保育士として勤務しながら、通信制大学で勉強をして、社会福祉士・児童指導員の資格を取得しました。その後、児童自立支援施設に転職。  

 児童自立支援施設で働く社会福祉士(体験談) 


児童相談所

子ども児童相談所とは、児童の生活に関する指導・相談を行う施設のことです。さまざまな問題の相談、児童・家庭についての診断・調査、それに基づく指導のほか、一時保護・巡回相談・児童福祉施設や里親・職親への斡旋などもおこないます。  

 児童相談所で働く社会福祉士(体験談) 



社会福祉士は貧困や障害などの社会的に困難のある方を相談や助言することで援助する国家資格です。

いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる方たちが持つ資格です。

基本的に援助が必要な方がいる施設が就職先になります。

具体的には役所や病院、福祉施設で障害のある方や経済的に困っている方の 相談や援助をして困難な状況を解決するような業務に従事します。

また学校にもスクールソーシャルワーカーとして配置されることもあります。

どのような相談や援助をするのかというと、たとえば福祉施設で生活相談員として働いた場合は 生活に困っている方にどのように困っているか聞き、困ったことを解決出来る制度や機関はないか、 探して紹介したり、利用出来るよう手続きを行ったりします。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる