本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 社会福祉士の勉強方法

社会福祉士試験の勉強方法


社会福祉士 社会人 勉強方法社会福祉士を目指している方は、将来福祉の現場において、対人相談援助を通じた社会貢献をしようとしている人たちだと思います。

ここでは自分の福祉士試験の体験談をアドバイスを交えて紹介します。

まずは試験に向けた勉強の期間についてですが、もちろん学生さんについては福祉学部できちんとカリキュラムが作られているので、それに従って勉強をすすめれば良いのですが、社会人となるとそういかず、自分で計画を立てていく必要があります。


受験日はたいてい年明けの1月下旬となるので、それに向けて自分に必要な知識や克服すべき課題について精査し、必要な期間や、日々の勉強時間のとり方等について決めていきます。

自分の場合は、モチベーションが保てるギリギリの期間が4か月だったので、10月から始めました。

次に、具体的な勉強方法に関してはそれぞれありますが、まずは社会福祉士の公式テキスト、過去問題集は必須ですね。必ず守って頂きたいのは、常に最新のテキストを使う事です。

福祉の世界は日々新しい法律や制度が出来るので、社会福祉士としては常に最新の情報を知っておく必要があります。過去問には解説がついているので、必ず併せて読みましょう。
社会福祉士 試験 合格 勉強
最後に受験当日の迎え方ですが、場所によっては試験会場まで長距離の場合もあるので、事前に下見をすること。移動に時間がかかる場合はなるべく前日から現地入りすることをおすすめします。

自分も前日に入念な下見をしたので、当日は余計な心配をすることなく、試験に集中することが出来ました。