本文へスキップ

社会福祉士の通信制大学を比較しました。学費が安い・最短で受験資格・おすすめ!

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 社会福祉士と介護福祉士の違い

社会福祉士と介護福祉士の違いとは


社会福祉士 介護福祉士 違い社会福祉士介護福祉士は言葉は非常に似ていますが、実際に行う業務はほとんど異なります。

社会福祉士は、社会で自立して生活が出来るようにサポートを行うのがメインの仕事です。そのため、行うべきことも知っておくべきことも広く所々深く知識が求められ、限界が出てくる傾向があるものです。

たとえば、介護保険制度についても要支援の認定が出ている人に対して、これ以上要介護度が悪化しないようにサポートを行う意味で、介護予防に関するケアプランの作成を行ったりします。


また、その他介護に関係がない場合でも、介護保険制度を利用しなくても済むようにサポートを行うものです。さらには社会生活の中での諸問題について、手を差し伸べたりすることを行う場合もあります。

これに対して介護福祉士は、純粋に介護保険制度の中だけの仕事です。介護福祉士の詳細

介護を行うための必要な知識と技術を要し、実際に要介護者への介護サービスの提供を行える資格です。

このように社会福祉士と介護福祉士は、名称に福祉士と銘打ってあるため似たようなものだと思う人がいますが、実際に介護を提供するのかしないのかでも違います。

社会福祉士 介護福祉士 違いまた、自立している人へのサポートを行うのか・しないのかでも違ってくるものです。

社会で生活をしていく上で広くサポートを行っていき、行政などへの橋渡しを行うこともあるのが社会福祉士で、純粋に介護サービスの提供を行うプロフェッショナルが介護福祉士という位置付けにもなります。