本文へスキップ

社会福祉士の通信制大学を比較しました。学費が安い・最短で受験資格・おすすめ!

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 認定上級社会福祉士になるには

認定上級社会福祉士になるには


認定上級社会福祉士とは、社会福祉士の上級資格である認定社会福祉士のさらに上の資格ということになります。

簡単に取れる資格ではありませんが、社会福祉士としてのスキルアップができる資格として注目を集めています。

⇒認定社会福祉士になるには?


認定社会福祉士とは

認定社会福祉士とは、社会福祉士として高度な知識と経験を有し、それを生かした人材育成を行うことも期待される資格です。

勤務する施設での社会福祉業務のみならず、他施設や関係機関とも連携しながら社会福祉についての新しいサービスを開発したり、指導を行います。

また、認定社会福祉士が分野別の認定であるのに対して、認定上級社会福祉士は、複数の分野にまたがった業務を行うことが前提とされているため、幅広い知識や経験が求められます。

⇒認定社会福祉士になるには?


認定上級社会福祉士を目指すには

認定上級社会福祉士になるためには、まず認定社会福祉士の認定を受けていることが前提になります。

認定社会福祉士は社会福祉士の資格がないと受けることができませんので、まずは社会福祉士の資格を得ることが必要です。

⇒社会福祉士の通信制大学を比較!

社会福祉士の資格を取得し、その後認定社会福祉士の認定を受け、それからようやく認定上級社会福祉士にチャレンジすることができます。

認定社会福祉士の認定を受けている場合は、その認定を受けてから5年以上の相談援助実務経験があり、この間は原則として社会福祉士制度の指定施設で認められた職種についていることが必要です。

必要な単位を満たすだけの研修を受けていることも要件となっており、認定社会福祉士認証・認定機構が認める研修を受講して単位を揃えておかなければなりません。


認定上級社会福祉士の認定

認定上級社会福祉士になるためには、それに加えて定められた実績が必要になります。

これは、教育実績・研究実績・社会活動における実績の3つで、このすべての実績がないと認定を受けることはできません。

教育実績とは研修会や研究会での講師としての経験など、研究実績とは研究会や学会での発表、または論文発表、著書や報告書などの実績になります。

また、社会活動としては職能団体での委員会委員長や副委員長などの役職で活動した実績や、国・地方団体が実施する事業へ参画した実績などが求められます。

また、もちろん認定社会福祉士と同じで日本のソーシャルワーカーの職能団体の正会員であることも必要な要件です。

必要とされる要件が多いこともあって、認定上級社会福祉士の資格取得は決して簡単ではありませんが、実務経験や実績を持つことを証明するという点では信頼できる資格です。

認定するのは認定社会福祉士認証・認定機構です。詳細は公式サイトでご確認ください。
http://www.jacsw.or.jp/ninteikikou/index.html