本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 就職に有利な資格

社会福祉士の人が持っていると就職に有利な資格


社会福祉士 資格 就職

社会福祉士の人が保有することで就職状さらに有利になる資格としては、介護支援専門員があります。

いわゆるケアマネジャーのことです。

社会福祉士の知識と経験で、まずは介護が必要にならないように手助けを行うのが社会福祉士です。

その後、介護が必要な人に手を差し伸べるのが介護支援専門員です。

なので、両方の資格があれば、最初から最後までずっと見守り続けて手助けを行うことにつながります。


介護支援専門員はやるべきことも多く、社会福祉士よりも要介護者に対して密接に関わっていかなければなりません。

その人の生活が成り立つように必要な介護サービスの提供を考えていきますし、状態の変化などをアセスメントやモニタリングを通じて行うのも、重要な仕事です。

社会福祉士が行う業務から、より一人一人に寄り添うのがケアマネジャーになる以上、両方のことを知っている人材は、どこの事業所でも欲しいと考えるでしょう。

また、在宅介護支援センターでも同様に考えて採用を行いたいと思うところ出てくると考えられます。

介護施設 就職 資格

就職にも転職にも、この二つの資格があれば非常に有利なことは間違いありません。

社会福祉士を取得して実際に活動しているということで、ケアマネジャー資格受験の要資格も満たすことになります。

すなわち、実務もある程度こなしていて、さらにより深く求められる介護の知識も抑えている希有な人材であることから、採用及び処遇面に関しても優遇されることは間違いがないでしょう。