⇒いちばん人気の通信制大学はこちら!

東京通信大学の特徴、学費まとめ。スキマ時間で勉強ができる!

東京通信大学は、オンラインで授業や単位認定試験が受けられる在宅学習に特化した通信制大学です。

2018年に誕生した新しい大学で、人間福祉学部では社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格取得を目指すことができます。

東京通信大学のおすすめポイントや学費をまとめましたので、参考にしてください。

⇒東京通信大学に資料請求しよう

東京通信大学のおすすめポイント

学力試験無しで入学可能

九州保健福祉大学 通信

通信制大学の多くの例にもれず、東京通信大学でも入学時に学力試験を課していません。

社会にでてから時間がたつと、学生時代に勉強した内容を忘れてしまっていることも多いと思います。

東京通信大学なら、入学前に受験勉強をすることなく出願が可能です。

約15分のメディア授業でスキマ時間に学習可能

九州保健福祉大学 通信

従来、通信制大学の勉強方法と言えばテキストによる自主学習でした。一方で東京通信大学では、メディア授業という学習スタイルを用意しています。

これは、スマホ、タブレット、PCで閲覧できる映像授業を見ながら学習を進めていくタイプの授業です。複数のデバイスに対応しているので、自宅はもちろん、仕事場や出張先でも学習が可能です。
※一部の授業はPCを使うように指定されることもあります。

このメディア授業は1コマ約15分という短さなので、スキマ時間の学習に最適です。忙しい社会人の身で社会福祉士を目指すには、通勤時間や家事の合間など、ちょっとした時間を勉強に活かせるかがポイントになってきます。

その点、授業を分割して配信する東京通信大学のシステムは大きな助けになるでしょう。授業中に疑問を感じたこともスマホで教員へ質問できます。

なお、単位を取るためには4動画(15分×4)の閲覧と小テスト、そして単位認定試験に合格する必要があります。

【注意】完全オンラインで社会福祉士を目指すことはできない

東京通信大学の学部の中には、一度もスクーリングを受けることなく完全オンラインで卒業できるコースもあります。

しかし社会福祉士を目指す場合は、スクーリングや実習が必要になります。

授業内容は東京通信大学のシラバスで確認できます。

単位認定試験もオンラインで24時間受験できる

九州保健福祉大学 通信

通信制大学は、自主学習の後、単位認定試験に合格することで初めて単位を取得できるシステムになっています。

特定の会場に行って単位認定試験を受験するタイプの大学だと、スケジュールの調整や会場までの移動時間、交通費が必要になります。

またオンラインテストを導入している大学でも、日付指定が行われている場合はやはりスケジュール調整が問題になってきます。

一方東京通信大学の場合は、試験の指定期間内なら24時間いつでも単位認定試験の受験が可能です。

社会福祉士と精神保健福祉士、どちらの資格取得も目指せる

九州保健福祉大学 通信

東京通信大学には人間福祉学部があり、この中には「社会福祉コース」と「精神保健福祉コース」が用意されています。

「社会福祉コース」では社会福祉士の取得を、「精神保健福祉コース」では精神保健福祉士の資格取得を目指すことができます。

 

全国3つの主要都市にキャンパスあり

九州保健福祉大学 通信

オンライン授業、オンラインサポートが特徴の東京通信大学ではありますが、時には集中できる環境で仲間とともに勉強したくなることもあるでしょう。東京通信大学は、全国3つの主要都市にキャンパスを構えています。

  • 新宿駅前キャンパス(モード学園総合校舎コクーンタワー)
  • 大阪駅前サテライトキャンパス(大阪モード学園・HAL大阪総合校舎)
  • 名古屋駅前サテライトキャンパス(総合校舎スパイラルタワーズ)

キャンパス、サテライトキャンパスでは図書館や自習室が利用できます。

3つのキャンパスはどれも主要駅から徒歩でアクセス可能です。都市圏にお住まいの方は、キャンパスの利用も検討してみてください。

詳しくは、記事末尾の「住所・アクセス情報」をご覧ください。

オンラインキャンパスの存在も見逃せない

地方にお住まいの方は、実際のキャンパスにアクセスするのはなかなか難しいでしょう。そんな時は、オンラインキャンパスを利用してみてください。

オンラインキャンパスは登録を行うことで、入学前から大学のいろいろな情報を入手することができます。

大学案内書や入学要項の入手、大学説明会への参加もオンラインキャンパス上で可能です。大学案内の動画などもそろっています。入学を決めたら、オンラインキャンパス上から入学手続きができます。

オンラインキャンパスは、メールアドレスを登録するだけで無料で利用できます。入学を検討している人はぜひオンラインキャンパスを試してみてください。

東京通信大学のデメリット

卒業率が非公開

九州保健福祉大学 通信

東京通信大学では、卒業率が公開されていません。

かわりに学習継続率という数値が発表されていますが、卒業率との関連は不明です。

なお学習継続率は89.4%となっています。

※参考元:データで見る東京通信大学

実習関連費用がやや高め

九州保健福祉大学 通信

東京通信大学は、社会福祉士実習関連費が16万9千円とやや高めで、総学費の約16%を占めています。

実習は免除になることも

ただし、入学時点で以下の条件を満たす場合は実習科目の免除申請を行えます。

  • 1年以上の相談援助業務実務経験
  • 介護福祉士有資格者
  • 精神保健福祉士有資格者

どのような実務経験が対象になるかなど、詳しくはオンラインキャンパスもしくは大学にお問い合わせください。

⇒東京通信大学に資料請求しよう

学費

大学に4年間在籍して社会福祉士を目指す場合、卒業までに必要な学費(スクーリング、実習関連費含む)は104万3千円になります(2021年8月時点)。

学費内訳
入学金    30,000円
授業料  1年次 220,000円
2年次 220,000円
3年次 120,000円
4年次 120,000円
学籍管理料 (4年)  124,000円
実習関連費  169,000円
スクーリング費  40,000円

なお、精神保健福祉士を目指す場合の学費は103万8千円で、社会福祉士よりほんの少し安くなっています。

もっと自分にぴったりの学費を知るには

東京通信大学の公式サイトには「学費シュミレーター」というサービスがあり、自分の条件にあった学費を算出できます。

1年次入学~4年で卒業のスタンダードなパターン以外にも、2・3年次に編入した場合や、在学期間を5年~6年と長めにとった場合の学費も知ることが可能です。

学費が気になる人は、一度試してみることをお勧めします。

学費シュミレーター

住所・アクセス情報

新宿駅前キャンパス

東京都新宿区西新宿1-7-3
新宿(西口)駅前より徒歩3分
入学相談室 03-3344-2222

大阪駅前サテライトキャンパス

大阪市北区梅田3-3-2
大阪駅前より徒歩3分

名古屋駅前サテライトキャンパス

名古屋市中村区名駅4-27-1名古屋駅前より徒歩3分

⇒東京通信大学に資料請求しよう