本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士の就職先 > 児童相談所

児童相談所で働く社会福祉士の仕事(口コミ・体験談)


児童相談所の社会福祉士

児童相談所 社会福祉士

福祉系大学で社会福祉士の資格を取得しました。

社会福祉士の試験は、大学の仲間と励ましあいながら、がんばってモチベーションを維持して、勉強しました。

公務員なので、結婚・出産後も仕事を続けています。

(39歳 女性)


仕事内容

児童相談所とは、児童の生活に関する指導・相談を行う施設のことです。さまざまな問題の相談、児童・家庭についての診断・調査、それに基づく指導のほか、一時保護・巡回相談・児童福祉施設や里親・職親への斡旋などもおこないます。

0歳から18歳未満の児童を対象とした、あらゆる相談を受け付け、アドバイスや指導、さらに児童虐待への対応も行っています。

子どもを虐待から守るたいへん責任ある仕事だと感じています。

私たちの仕事は、子どもたちの将来を第一に考え、支援の手を差し伸べる現場です。ケースワーカーとしての技術やノウハウも必要ですが、まず何よりも子どもを思いやる気持ちが大切だと考えています。

また、優しい気持ちだけではなく、時には、断固とした態度を貫く強さも必要であると感じています。

公務員なので、部署移動もあります。主に福祉系の部署に異動するので、子供からお年寄りまで、幅広い年代の方々のお役に立てたらと思い、日々がんばっています。
児童相談所




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる