本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ福祉の資格一覧 > 精神保健福祉士

精神保健福祉士とは


介護や福祉に関連する仕事や資格にはいろいろなものがありますが、精神保健福祉士もその一つになります。精神保健福祉士は精神ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に精神的な障害のある方が日常生活をスムーズにおくれるように支援するのが主な仕事になります。


精神保健福祉士の仕事内容

精神保健福祉士の仕事は、主に精神的に障害を負っている方をサポートすることです。年々精神疾患を患う患者数は増加傾向にあり、入院して治療に専念するケースも多く見られます。

病院では入院や退院までの相談に応じてくれますし、退院後の日常生活の送るための適切なアドバイスや支援も行います。また、精神的な障害を負っている患者さんだけでなく、それを支える家族や職場、さらには関連する機関と連携して再び社会復帰ができるように支援、サポートしていきます。

精神的障害をおったその後に、スムーズに社会復帰するための施設があるのですが、精神保健福祉士は社会復帰のための指導を行ったり、作業やレクリエーションを共にして社会復帰をサポートします。

また、精神保健センターや保健所にて市民に対してメンタルヘルスに関する啓もう活動を行ったりもします。



精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士の資格を取得すると、精神保健福祉士として仕事ができるようになります。精神保健福祉士の資格を取るためには、大学や短大で学ぶか、もしくは4年以上の実務経験が求められます。

保険福祉系の4年制大学に通って指定された科目を履修する、福祉系の4年制大学に通って指定科目を履修して卒業資格を得る、福祉系の短大に通って指定科目を履修してから実務経験を積む、などのルートが考えられます。

また一般大学に通って精神保健福祉士の一般養成施設に1年以上入る、一般の短大に入り、相談実務の経験を積んでから一般養成施設に入るなどして精神保健福祉士の受験資格を得る方法があります。


精神保健福祉士の給料

精神保健福祉士はどれだけの給料が得られるのかが気になるところだと思います。基本的に精神保健福祉士のお給料は国家公務員に準じているところが多く、毎月のお給料の額はそれほど高くなくても、賞与や待遇で優遇されているケースが多く見られます。

また、精神保健福祉士の求人を見てみると、非常勤での募集も多く、またパートでの募集も少なくありません。そうなると正社員と比べて待遇が悪くなってしまいます。パートや非常勤の場合、時給で給与が支払われることが多いのですが、時給も900円からと決して高いとは言えません。

社会福祉士と精神保健福祉士の違いを徹底検証

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学一覧




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる