本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 大学か専門学校

社会福祉士になるには大学か専門学校どちらがおすすめ


社会福祉士 大学 専門学校社会福祉士になりたいという心意気があれば、どちらがいいかはそれほど問題ではありませんが、なるべく早く社会福祉士資格取得をしたいのであれば、大学で専門の講座の取得をして受験を目指すのが良いでしょう。

大学で特定の講座の受講を得ていれば、養成講習などを受ける必要なく受験が可能なことや、その後において大卒の資格は決して無駄ではないからです。


専門学校の場合は社会福祉士支援受験資格を得るために、さらにいくつかの講座なり養成施設なりで学ばなければならず、その分だけ時間も費用もかかります。

ただ、大卒に比較して2年程度早く社会に出られるメリットが存在するため、大卒よりは収入を早く得て活動を行うことが可能になります。

大学 専門学校収入の面で厳しい場合が多いため、専門学校を経て仕事をしながら受験資格を得ていくやり方の方が、経済的にも安定はするでしょうし、また実務経験が必要な他の資格にもいい影響を与えるようになります。

すなわち、介護関係であれば実務経験を踏んでいくことで介護支援専門員つまりケアマネジャー等への受験資格が得られ易くなり、後々社会福祉士とセットで活動をしていくことも可能になることを思えば、就労に困りにくくなるなど良い影響が出てくるでしょう。

なお、社会福祉について学べる大学や専門学校で、それが受験資格につながるかどうかを事前によく確認をしておくことは必須の条件です。大学等の学部等で確認をしてみるのが良いでしょう。