⇒いちばん人気の通信制大学はこちら!

福祉住環境コーディネーターとは

介護福祉に関連する資格はいくつもありますが、福祉住環境コーディネーターという資格があることをご存知でしょうか。

簡単に言うと高齢化社会に必要となる住まいのアドバイザー的な資格のことです。

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者が生活しやすい環境を整えるためのアドバイスを行うのが主な仕事になります。現在さまざまな分野でこの福祉環境コーディネーターの資格が求められており、活躍の場も広がっているのです。

高齢者が生活しやすい儒環境を作るためのリフォームに介護保険が適用されるようになったことから、ますます福祉住環境コーディネーターの資格が注目されるようになりました。

仕事をする上で重要となってくるのが、利用する高齢者や障害者、家族のニーズをしっかりと汲み取って、不便さを改善するための住環境づくりが的確に行えることです。

また、必要に応じてリフォームを行うことになった場合、医療や福祉、建築といった各専門家と連携して仕事をすすめていくためのコミュニケーションスキルも求められます。

福祉住環境コーディネーターの難易度・最新試験情報

福祉住環境コーディネーターが活躍できる場所

福祉や介護関連の資格を持っていると、働ける場所が限られてしまうことがありますが、福祉住環境コーディネーターに関しては活躍の場が広いのが特徴になります。

まずは建築関係です。今住まいづくりもバリアフリーや高齢者や障害者に優しい環境を作りが求められており、新築やリフォームでもそういった住まいづくりを希望される方が増えています。

福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると、工務店や住宅関連企業、リフォーム会社にて活躍の場が開けます。

福祉関係の職場でも活躍できる場所が広がります。

高齢者福祉センターや老人ホーム、グループホームといった老人関連施設にて住宅環境のアドバイザーとしての役割を担います。

介護ニーズの需要に伴って介護関連のグッズや福祉機器の需要が増えていますので、それに関連する製品やサービスを提供している企業で活躍することができます。

具体的に介護に関連する商品やサービスの企画を行ったりします。

今後もこの分野での福祉住環境コーディネーターの需要が大きく伸びてくると見込まれています。

医療、保健の分野でも活躍することができます。リハビリの過程において医師や看護師と連携を取りながら、生活空間の整備に対するアドバイスを行います。

福祉住環境コーディネーターのお給料

気になるお給料ですが、働く場所によって待遇が異なります。

既にその会社で働く人がステップアップのために取るケースが多いので、お給料に資格手当が反映されることは少ないのです。

医療・福祉・心理系系の資格マップ