本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 最短で社会福祉士になるには

最短で社会福祉士になるには(口コミ)


社会福祉士 最短 受験資格社会福祉士に最短でなるには、福祉系の大学を卒業すれば社会福祉士の受験資格が取れるため、国家試験を受けて合格すれば、社会福祉士になれます。

また、社会人として働きながら資格取得を目指される方が最短でなるためには、大学卒業者が夜間通学で1年間通って受験資格を取得して、国家試験を受けて合格する方法や、通信教育で1年7ヶ月勉強して受験資格を取得して国家試験を受けて合格する方法もあります。


他にも、介護士などの福祉系の仕事で実務経験を3年積んで受験資格を取得して、国家試験を受けて合格する方法もありますが、通信教育などの勉強をしながら受験する方が合格率は高いでしょう。

私は以前、三重県にあった社会福祉士の専門学校に入りました。1999年の事なので随分前の話ですが、60代の方から大学卒業後にすぐに専門学校へ来た方まで様々な年齢層の方がいて、大学卒業資格が必要であったため、京都大学や慶応大学など様々な大学を卒業された方が来ていました。

私は3流大学の出で、エスカレーター式の大学を出ていたので、それまで受験勉強を本格的にした事はありませんでした。この専門学校は1年制でしたが、4月に入学して1月には試験があるため10ヶ月の時間勉強するのですが、2ヶ月ほどの夏休みを挟むため、学校へ通うのは実質8ヶ月でした。

最短 試験 合格社会福祉士の試験は多岐にわたるため、ひたすら合理的に覚えなくてはいけませんでしたし、アルバイトもしながらの通学だったため、私は試験で受かるために6割取れれば大丈夫との話を信じて、6割ギリギリの得点を目指しましたが、試験結果は6割取れていませんでした。

一応それでも合格していたため、ホッとしましたが、ギリギリの得点率では厳しいかもしれません。