本文へスキップ

社会福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。社会福祉士になるには?

トップページ社会福祉士・よくある質問 > 働きながら社会福祉士になるには

働きながら社会福祉士になるには


社会福祉士 社会人 働きながら社会人が働きながら社会福祉士になるには、養成施設で指定の科目の単位を取得し社会福祉士の国家試験の受験資格を得る事です。

そして、その試験に合格し、採用を検討している法人から内定を得る事が出来れば社会福祉士になれます。

働きながら社会人が通学制の学校に行く事は容易ではないです。社会人は通信制の学校で、受験資格の獲得や試験までの勉強を行った方が良いです。


通信は通学よりも自分のライフスタイルに合った学習が可能であるので働きながらそれを目指す社会人は通信を選択した方が良いです。

試験に合格しても、その職種で勤務する事が出来る場所がなければ、資格を取得しても活躍する事は難しいです。それになるには試験の勉強だけではなく、合格後の勤務先の確保にも力を注いだ方が良いです。勤務先を見つけていないと合格後に苦労する事になります。

働きながら社会人が新たな職場や、自分が勤務したい場所を探す事は難しいです。社会福祉士の求人を自分が希望する分野の法人のホームページの閲覧や、福祉の関する求人が数多く掲載されているサイトの閲覧等を行い、見つける方法は、自分の好きな時間に出来るので有効に活用した方が良いです。
ハローワーク 社会人
仕事を持っている社会人が、それを実現するためには多くの時間と資金が必要になります。ゴールにたどりつくまでに、多くの課題を解消しなければならないので、心身の健康が必要不可欠です。

自分の工夫と周囲の人間のサポートがなければそれになる事は難しいです。




都道府県別養成施設一覧


東京

大阪

愛知

すべてみる